就職支援

卒業後の進路・展望

タイケン学園では平成10年4月の開校以来、全国でアスリート、スポーツトレーナー、スポーツインストラクター、スポーツクラブマネジャー、幼稚園教諭、保育士、幼児体育指導者等を養成してきました。こうした人材養成の実績に伴い、業界との幅広いネットワークを構築しています。
現在、国内のスポーツ産業は15兆円規模と推定されています。本学で専門カリキュラムを学んだ専門職人材に対して、スポーツ業界は大きな期待を寄せ、多くの求人へと繋がるでしょう。

本学の大きな特長に充実した就職サポートがあります

就職サポートを担当する「キャリア連携センター」では豊富な就職活動の支援プログラムを用意しています。
学内企業説明会や就職ガイダンス、履歴書や小論文・職務経歴書作成の指導、ビジネス創造に関するセミナー、企業との交流会を行い、あなたの将来を応援します。

キャリア連携センターの支援により、学生は思い切って学習や課外活動に打ち込めるのです。
また、卒業後も継続してキャリア連携センターのサービスを利用できます。

本学ではスポーツ分野の社会的要請から、専門職を中心に、
次のような進路(社会人学生の現職を含む)が見込まれます。

  • 中学校、高等学校教諭
  • トップスポーツチームの管理、監督者
  • 公共・民間スポーツ施設の管理者
  • フィットネスクラブの経営に携わる職員
  • スポーツ関連企業の企画・開発・市場調査、販売担当、管理、監督者
  • スポーツ活動に携わる社会教育主事
  • 行政の地域振興・スポーツ振興・社会教育の担当者
  • NPOやボランティア活動のコーディネーター
  • 地域スポーツの運営に携わる指導者
  • スポーツクラブマネジャー
  • スポーツ団体の運営管理者
  • 幼児体育指導者
  • スポーツ資源をコラボレートするスポーツコーディネーター
  • 大学院への進学
このページの先頭へ