学部紹介

授業紹介

スポーツプロモーションのコーディネーターを養成するために、コーディネーターに必要不可欠なコミュニケーション能力の向上に力を入れたゼミを展開させていきます。

また、チーム対抗のディベートを取り入れ、様々なテーマを設定して徹底的に話す機会を創出することで、自分の意見をしっかりと発言できる人材に養成していきます。

スポーツプロモーション論概論

この授業では、スポーツ推進の新しいビジョンである「スポーツプロモーション」とは何か、それは、これまでの「スポーツ振興」とはどのような違いがあるか、「振興」から「プロモーション」へ替えることによってスポーツの発展はどのように変わるのかについて学びます。
特に、スポーツが大きな政治的、経済邸、社会的影響力を持つようになった現代社会では、スポーツの発展は、スポーツだけの問題ではなく、人間と社会が直面する課題の解決や、より幸せな暮らしや豊かな生活の創造に寄与するものでなければなりません。
こうしたスポーツプロモーションの具体的な課題をとらえるための考え方について学習します。

担当教員:佐伯年詩雄

在学生の声

野沢 菜月さん

2年 茨城県立日立商業高校 卒業


スポーツプロモーション論概論は、どのようにスポーツが発展していくかを学び、スポーツコーディネーターを育てるための授業です。
この授業では、グループに分かれてそれぞれの課題を調べ、発表します。
発表後に分からないところを先生が補足してくれるので、スポーツプロモーションとは何かを深く理解することができます。


柴辻 雄介さん

3年 東京都立小山台高校 卒業


この大学の学科の名前でもあるスポーツプロモーションとは何かを学べる授業で、グループに分かれて各テーマを発表します。
国によってスポーツに対する取り組み方が異なるので、日本のスポーツに対する姿勢や取組みの手がかりにつながる授業だと思います。
この教科はレポートも提出しないといけないのですが、授業を受けていればレポートが書きやすいので心配はありません。

運動生理学

この授業の到達目標は、運動により身体にどのような変化が生じるのか、その基本的メカニズムを理解することです。
さらに、自らの運動・スポーツ経験を通して、健康やスポーツに対する考え方を運動生理学的に再確認し、その必要性を理解した上で、効果的に運動・スポーツをおこなうため の手段を学習します。
具体的には、運動が筋肉、骨、結合組織、呼吸・循環機能等に与える影響について学んでいきます。
自らの日常生活においてより良い健康管理法を実践することや、健康運動の実施方法等を意識することが重要です。

担当教員:薗部正人・松田陵治

在学生の声

アハンガル・シェリーフさん

2年 市立習志野高校 卒業


運動生理学では、骨の種類や細胞の働きなど、人が運動するための構造を学ぶことができます。
運動によって身体にどのような変化が生じるか、その現象と仕組みについての基礎を理解できます。

健康社会学概論

東日本大震災の後の人々の冷静な行動は、世界の人々に感銘を与え、また「日本人は、なぜあのような災害時に冷静な行動がとれるのか」という疑間の解明にも関心がもたれています。
『健康社会学論概』の授業では、人間関係のあり方、人々の社会参加やネットワークに関して取り組んでいきます。
スポーツを通じて、人間関係やライフスタイルについて触れ、人や心の繋がり方の研究が社会に役立てるようにしていくことを目標としています。

担当教員:角田弘子

在学生の声

中村 洋貴さん

3年 東京都立青梅総合高校 卒業


健康社会学概論は角田弘子先生が開講している授業です。
主にスクリーンに画像などを映して授業が行われています。
日本のライフスタイルはもちろんですが、それを基に外国のライフスタイルと比べてどんな違いがあるか、などを画像や先生の言葉で教えてもらいます。

このページの先頭へ