学部紹介

教育サポート体制

本学では各種サポートスタッフ制により、きめ細かい学生サポートを行います。

添削指導員

科目担当教員と連携してレポート課題の添削指導の補助を行なう。

授業アシスタント

授業における運営補助を行う。

教育アドバイザー

教育相談を担当する。

授業形態

本学の授業形態は、通信教育課程の編成・特色を踏まえて、印刷教材と面接授業を組み合わせた授業、面接授業、印刷教材による授業の3形態を設定します。
これにより、社会人学生も効率的かつ柔軟に学習できます。

  • 印刷教材と面接授業を組み合わせた授業
  • 面接授業
  • 印刷教材

学生相談

学生生活や修学上の様々な質問や悩みがある場合は、臨床心理士の資格を持った教員によるカウンセリングの他、本学の教職員が相談に応じます。 事務局への相談は事務窓口による直接の対応だけでなく、電話やメール、質問票等でも可能です。教員への相談はオフィスアワーを利用できます。
※カウンセリングは指定された曜日・時間等による実施となります

カウンセリング担当教員:近藤卓先生
臨床心理士
東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。学術博士。東海大学教授、山陽学園大学学部長・教授を歴任。専門は健康教育学、臨床心理学。日本いのちの教育学会会長、日本学校メンタルヘルス学会理事、日本学校保健学会理事。著書に『基本的自尊感情を育てるいのちの教育』(金子書房)他多数。

このページの先頭へ